ページの先頭です
メニューの終端です。

麻しん(はしか)に関する注意喚起について

[2018年5月3日]

ID:1623

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

麻しん(はしか)の流行に注意しましょう

現在、沖縄県で麻しんが流行しており、隣県である愛知県においても麻しん患者が確認されています。

麻しん(はしか)は、麻しんウイルスによって起こる感染症で、主な症状は、発熱、発しん、咳、鼻水などですが、肺炎や脳炎などの合併症を引き起こすこともあります。また、麻しんウイルスは非常に感染力が強く、空気感染するため、一人の患者から多くの人に感染を拡大させる恐れがあります。

 麻しんの予防は、ワクチン接種がもっとも有効な方法です。麻しんの定期予防接種対象者(第1期:1歳児、第2期:小学校就学前の1年間)の方は、体調のよいときに早めに予防接種(MRワクチン)を受けましょう。また、予防接種歴や麻しん罹患歴が明らかでない方も、予防接種(任意)をご検討ください。

なお、発熱、発しんなどの症状から「麻しん」が疑われる場合は、事前に医療機関へ連絡のうえ、必ずマスクを着用し速やかに受診してください。また、受診の際は、周囲の方へ感染を拡げないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。


(参考)

◎麻しんに関する注意喚起について(岐阜県ホームページ)(別ウインドウで開く)

◎麻しんについて(厚生労働省ホームページ)(別ウインドウで開く)

◎沖縄県へのご旅行・ご出張を予定されている皆さんへ(沖縄県ホームページ)(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

岐阜県 池田町役場民生部保健センター

電話: 0585-45-3191

ファックス: 0585-45-8688

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!