ページの先頭です

願成寺西墳之越古墳群

[2016年2月26日]

ID:503

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

岐阜県最大級の群集墳

願成寺西墳之越古墳群は、池田山(標高924m)の山ろく、大津谷南のみはらしのいい場所にあります。
9ヘクタールほどの中に、現在111基もの古墳が見つかっています。
せまい範囲にたくさんの古墳が集まっているものを群集墳(ぐんしゅうふん)とよびますが、この古墳群は岐阜県でも最大級の群集墳で、昭和44年に岐阜県の史跡に指定されました。

1号墳周辺写真

「1号墳周辺」

古墳群の歴史

古墳群の大切さ

なぜ、これほどたくさんの古墳が一箇所に集中して営まれたのでしょうか。
古墳群のほとんどの古墳が、6世紀末から7世紀初頭以後のもので、同じ頃の池田町一帯に、他の地域とは違う大きなきっかけがあったことを思わせます。たくさんの古墳は、とても一つの村や集団だけではつくれないと思われますから、そのきっかけをもとに、多くの集団が、同じ場所で古墳づくりを行うことになったのだろうと考えられています。
古墳群は、当時の地域社会を知る、重要な手がかりです。この重要な手がかりを秘めた遺跡を、後世に保存して伝えていくことが、現代に生きる私たちの使命といえるでしょう。

古墳の分布状況

古墳の分布状況の画像

交通のご案内

養老鉄道

美濃本郷駅下車
徒歩約30分

車利用

国道417号線本郷交差点より西へ約2.5km

周辺地図

周辺地図の画像