ページの先頭です
メニューの終端です。

養老線交通圏地域公共交通網形成計画を変更しました

[2019年3月22日]

ID:1506

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

養老線交通圏地域公共交通網形成計画の変更について

1 変更内容

  • P57 (3)計画の目標  「表5-2」 内の項目「個別目標指標4」の現況値および目標値を変更
  • P58 (4)目標を達成するために行う事業・実施主体  「施策1」に事業No.4~6(3事業)を追加して計11事業に、以降の事業をNo.7~93に変更

2 変更日

平成31年3月22日

養老線交通圏地域公共交通網形成計画の策定について

1 計画の趣旨

 養老鉄道養老線(以下「養老線」という。)は、岐阜県揖斐川町から三重県桑名市までの2県、3市4町を結び、年間約600万人の利用者がある沿線地域にとって大切な生活路線で、平成19年10月からは、上下分離方式での運営に移行し、沿線3市4町や近畿日本鉄道(株)が支援を続けてきました。 

 本格的な人口減少や、少子高齢化の進展が予測される中、特に、地域公共交通については、養老線沿線を中心として、沿線バス交通やタクシー等の二次交通を含めた公共交通ネットワークの形成、維持が重要となってきます。 

 このため、沿線3市4町では、養老線を中心として沿線バス交通やタクシー等の二次交通を含めた公共交通ネットワークの形成、当地域の活性化および再生に取り組む諸施策の大綱を定めた「養老線交通圏地域公共交通網形成計画」を策定しました。

2 計画期間

平成29年11月1日から平成39年3月31日まで

養老線交通圏地域公共交通網形成計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。