ページの先頭です
メニューの終端です。

父、母と子の制度

[2017年4月1日]

ID:800

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年4月1日現在

お父さん、お母さんとお子さんの制度一覧
制度名対象者内容手続き方法等
(1)妊婦健康診査
(妊婦歯科健診)
すべての妊婦妊婦健康診査票を持って県内の委託医療機関で受診すると、その時の診察料が公費で負担されます。それ以外で受診される場合は事前に保健センターまでご連絡ください。(歯科健診は揖斐郡内の指定歯科医療機関)

母子健康手帳交付時に健康診査受診票をお渡しします。池田町より転出された場合は、池田町の受診票は使用できません。転出先によって受診票の取り扱い方が異なりますので、詳しくは転出先へお尋ねください。

(2)はじめの一歩パパ・ママの会妊娠中の人やその家族妊娠中の人やその家族のために、保健センターでは年3回、両親学級を開いています。(内容)育児について、妊娠シュミレーターでの妊婦体験、赤ちゃんのお風呂の実習、等開催日時は、保健カレンダー、ホームページでお知らせします。保健センターへお申し込みください。

(3)子育て応援!タクシー費用助成事業

妊産婦

乳児(1歳未満の保護者)

妊産婦健診、保健センターでの健診、予防接種の通院時にかかるタクシー料金の2分の1を助成します。(健診等1回あたりの上限額2,500円)詳しくは、子育て応援 妊産婦・乳児が健診等で通院する際のタクシー費用を助成します(別ウインドウで開く) のページをご覧ください。
(4)低出生体重児の届出お子さんの出生体重が2,500グラム未満の方お子さんの出生体重が2,500グラム未満の場合、母子保健法の規定により保護者の方はその旨を早めに保健センターまで届け出てください。必要に応じ、保健師等がご家庭を訪問し発育や育児上の相談をお受けします。詳しくは保健センターまで問い合わせてください。
(5)養育医療の給付お子さんの出生体重が2,000グラム未満の方などお子さんの出生体重が2,000グラム未満などで、医師が入院して養育することが必要と認めた場合に、医療費の一部を助成します。詳しくは保健センターまで問い合わせてください。
(6)福祉医療助成制度(乳幼児・児童・生徒)通院・入院ともに高校3年生に相当する年齢まで医療を受けるとき、保険が適用される自己負担分が公費で負担されます。

出生届提出後、役場健康福祉課で手続きしてください。(印鑑、保険証、個人番号カードまたは通知カード、口座番号のわかるものをお持ちください。)

(7)児童手当中学校3年生までの子を養育している方お子さんの年齢等により下記の金額が支給されます。
【所得制限限度額内の方】
・0歳から3歳未満:15,000円(一律)
・3歳から小学校修了前:10,000円(第3子以降は15,000円)
・中学生:10,000円(一律)
【所得制限限度額を超過する方】
・1人につき5,000円(一律)

出生届提出後、役場健康福祉課で手続きしてください。(印鑑、保険証、個人番号カードまたは通知カード、口座番号のわかるものをお持ちください。)

※公務員の方は勤務先に申請してください。

(8)すくすく赤ちゃん券支給事業生後6か月未満の乳児

利用登録事業所(町内)にて、おむつや粉ミルク等の育児用品を購入できる助成券を支給します。(第1子:2万円分、第2子:3万円分、第3子以降:4万円分)

おむつ用等ごみ袋(小サイズ)30枚入1袋のプレゼントもあります。

出生届提出後に、役場健康福祉課で申請してください。交付決定後にすくすく赤ちゃん券を交付します。
(9)新生児聴覚検査生後1日目から2日目頃の乳児赤ちゃんが自然睡眠中に頭に専用の器具を貼りつけて、ささやき声くらいの小さな音を聞かせて、音が聞こえた時に出る脳波の一種を検査します。池田町では検査を希望される方に、検査費用のうち初回検査と確認検査それぞれ3,000円を助成します。検査を希望される方は、医療機関にお申し込みください。検査を受けられた方は、生後1か月頃までに母子健康手帳と結果票、助成金申請書兼請求書、領収書、印鑑を持参のうえ、保健センターで手続きをしてください。
(10)乳幼児健康診査3から4か月児、10か月児、1歳6か月児、3歳児身体計測、内科検診、歯科検診、歯科相談、健康相談、栄養相談など、保健センターにおいて無料で受けられます。事前に問診票を送付します。
(11)先天性代謝異常検査生後5日目から7日目の乳児先天性代謝異常症とは、生まれつき体内の酵素の働きが悪いため、放置すると精神発達の障がいをおこす病気です。この病気を見つけるために、赤ちゃんの足の裏から血液をとって検査します。冊子『すこやかに』についている申込書に記入し医療機関に提出してください。
(12)胆道閉鎖症検査生後1か月頃の乳児胆道閉鎖症とは、胆汁の通り道である胆道がつまって胆汁を腸に出すことができなくなる病気です。この病気を見つけるために、お子さんの便の色と便色カラーカード(母子健康手帳19ページ)の色を見比べます。お子さんの便の色に近いと思う番号と観察日を便色カラーカードに記入します。便の色が1、2、3番の色に近い場合は、すぐに医療機関を受診してください。
(13)予防接種

【定期予防接種】
池田町に住民票のある乳幼児

BCG予防接種は、保健センターにおいて無料で受けられます。ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)、麻しんおよび風しん、水痘、日本脳炎の予防接種については、指定医療機関において無料で受けられます。

※B型肝炎予防接種は、平成28年10月1日より平成28年4月1日以降に生まれた子を対象とした定期予防接種となりました。

予診票(ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、4種混合、BCG)、予防接種と子どもの健康(説明書)、予防接種スケジュール表を、新生児聴覚検査費助成の手続き時等に保健センターでお渡ししますので、生後1か月頃までにお受け取りください。麻しんおよび風しん、水痘、日本脳炎の予診票については事前に郵送等でお渡しします。

(13)予防接種

【任意予防接種】

おたふくかぜ(1歳から小学校就学前)

ロタウイルス

(平成31年4月1日以降生まれで、1価ワクチンは生後6から24週まで、5価ワクチンは生後6から32週まで)

おたふくかぜ、ロタウイルス(1価、5価ワクチン)について費用を助成します。
なお、任意接種は医師と相談のうえ個人の意志により接種を受けるものです。接種については、かかりつけの医師や接種を受ける医師等によくご相談ください。

・おたふくかぜ 3,000円  助成回数1回

・ロタウイルス(1価ワクチン) 6,750円  助成回数2回まで

・ロタウイルス(5価ワクチン) 4,500円  助成回数3回まで

おたふくかぜ、ロタウイルスの接種を受けられた方は、母子健康手帳または予防接種済証等の接種記録、領収書、印鑑、口座番号のわかるものを持参のうえ、保健センターで申請書を記入し、手続きしてください。
※揖斐郡内の登録医療機関で接種し、予防接種による健康被害を受けた場合は、池田町が加入している保険で救済されます。登録外の医療機関で接種した場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を受けることになります。

(14)育児支援家庭訪問事業出産後、祖父母等の周囲の協力が受けられない家庭等育児支援が必要と認めた家庭に対し、訪問支援員を派遣します。詳しくは保健センターまで問い合わせてください。
(15)一時保育生後6か月から小学校就学前の未就園児

一時的な保育や保護者の傷病等による緊急時の保育を実施します。
【一時保育事業利用料】
・3歳以上
 4時間まで1,000円
 4時間から8時間まで2,000円
・3歳未満
 4時間まで1,200円
 4時間から8時間まで2,400円

※みどりの森八幡こども園・市橋保育園については別料金となります。
※給食費(間食を含む)については実費を負担

温知保育園(0585-45-2143)、西保育園(0585-45-2209)、池田こども園(0585-45-3015)、みどりの森八幡こども園(0585-45-2578)、市橋保育園(0584-71-3002)
上記の園で実施しています。利用を希望される園に登録申請をしてください。緊急の場合でも、利用できることもありますので電話でお尋ねください。
(16)病児・病後児保育室「ひまわり」保育園・小学校に登園・登校している生後8か月から小学校6年生までのお子さん(未就園のお子さんもお預かりします)

お子さんが病気の時、保護者に代わって一時的にお預かりし、保育と看護を行います。
【利用料金】
・4時間まで
 就園児と小学生1,000円
 未就園児2,500円
・4時間超える
 就園児と小学生2,000円
 未就園児1時間につき500円加算

利用前に登録をします。登録を希望される方は、事前に「登録申請書」を保育室に提出します。
※お預かりできる症状・状態、利用できる日時等詳しくは病児・病後児保育室「ひまわり」(0585-45-3916)に問い合わせてください。
(17)コミュニティママ子育てサポート事業【利用会員】
・小学校6年生までのお子さんの保護者・妊産婦
保護者の仕事や家庭の都合(疾病・入院・外出等)により、家庭における子育てが一時的に困難となる家庭の児童に対してサポートサービスが受けられます。
【利用料金】1時間あたり500円から1,000円
池田ふれあいサポートセンター(0585-45-3916)、社会福祉協議会(0585-45-8123)にお申し込みください。いつでも利用できるよう入会の申し込みをし、会員として登録します。
(18)プレママ保育園すべての妊婦、未就園児の保護者妊娠期から出産後の子育てサポートを保育園等で実施します。育児相談、園内や園庭などを開放します。利用方法や見学日時は施設に直接お尋ねください。池田こども園(0585-45-3015)、みどりの森八幡こども園(0585-45-2578)、市橋保育園(0584-71-3002)、子育て支援センター(0585-44-0535)にお申し込みください。
(19)こんにちは赤ちゃん訪問事業生後2か月頃の乳児池田町母子保健推進員や保健師が、生後2か月頃の乳児の家庭を訪問し育児に関する不安や悩みを聞き、子育てに関する情報提供を行います。母子健康手帳交付時に意思確認をさせていただきます。詳しくは保健センターへ問い合わせてください。

※問い合わせ

  • (1)から(5)、(9)から(14)、(19)
     保健センター(0585-45-3191)
  • (6)、(7)、(8)
     役場健康福祉課(0585-45-3111)

お問い合わせ

岐阜県 池田町役場民生部保健センター

電話: 0585-45-3191

ファックス: 0585-45-8688

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!