ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    霞間ヶ渓

    • 2022年3月11日
    • ID:178

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    かまがたに

    霞間ヶ渓の由来

    春の訪れとともに渓流沿いに山桜、吉野桜、枝垂れ桜など数多くの種類の桜が、一斉に咲き誇ります。
    桜の花が咲く様子を遠くから見るとまるで霞がかかったように見えるところから、いつしか「霞間ヶ渓(かまがたに)」と呼ばれるようになりました。

    所在地

    岐阜県揖斐郡池田町藤代地内 ・地図 

    周辺設備

    • 駐車可能台数 100台(無料)
    • 定休日 なし
    • ライトアップ(桜の時期限定 18時~21時)
    • 入場料 無料

    周辺観光

    • さくら会館
    • 霞間ヶ渓登山道
    • 池田温泉新館・本館(車で南へ約5分)
    • 道の駅池田温泉(車で南へ約5分)
    • 大津谷公園、大津谷キャンプ場(車で北へ約7分)
    • 大津谷登山道(車で北へ約5分)

    さくら紹介

    種類

    山桜、大山桜、江戸彼岸桜、染井吉野桜など 約7種類から8種類 約1500本

    例年の開花時期

    3月下旬から4月上旬

    夜桜見物

    可能

    霞間ヶ渓公園ふれあい街道沿いの桜および、さくら会館しだれ桜のライトアップ有

    しだれ桜昼
    しだれ桜夜

    売店

    桜開花中のみ営業

    3月下旬~開花状況に応じて営業

    ※令和4年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、売店の営業は行いません。

    その他

    飲食物持ち込み可、宴会の開催不可、場所取り不可、火気厳禁、ペット同伴可

    ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、霞間ヶ渓内での宴会(飲酒)等、長時間の滞在はご遠慮ください。

    ※マスクの着用をお願いします。

    ※ソーシャルディスタンスにご協力ください

    見どころ

    春に桜の花が咲く様子が遠くから見ると山に薄桃色の霞がかかったように見えるところから「霞間ヶ渓(かまがたに)」と呼ばれるようになりました。

    イベント

    池田山フェスタ、池田サクラまつり

    詳しくはこちら

    指定

    昭和3年には国の名勝天然記念物に指定。
    成元年には全国さくら名所100選に選ばれる。
    平成14年には飛騨・美濃さくら33選に選ばれる。

    交通アクセス

    公共交通機関

    養老鉄道時刻表など(別ウインドウで開く)(養老鉄道株式会社のホームページ)


    自動車

    • 東海環状自動車道大垣西ICから国道21号線→417号線経由→養老鉄道池野駅西交差点左折5分(ICから15分)
    • 名神高速道路大垣ICより国道258号線→国道21号線→417号線経由→養老鉄道池野駅西交差点左折5分(ICから50分)