ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岐阜県 池田町

〒503-2492 岐阜県揖斐郡池田町六之井1468番地の1 電話:0585-45-3111

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    水道管の凍結防止について

    • 2016年2月22日
    • ID:803

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    冬に気温が氷点下になると水道管が凍結しやすくなります。水道管が凍結すると水が出にくくなるだけではなく、蛇口や水道管の破裂などの事故が起こります。屋外の露出している水道管や蛇口、風当たりがつよく、日陰にある水道管や蛇口などは特にご注意ください。

    水道管の凍結を防ぐには

    屋外の露出している水道管や蛇口に保温材、布きれなどを巻き付けて、その上からビニルテープなどを下から上へ巻いて、直接冷たい空気が当たらないようにしてください。
    またメーターボックスの中には、布きれや新聞紙などをビニール袋に入れて、ボックス内に詰めておくと効果的です。ただし、メーターの検針ができるようにしておいてください。
    冬は特にメーターボックス内に水が溜まらないようにしてください。溜まった水は、抜き取っておいてください。

    凍って水が出ないときは

    蛇口の場合は、蛇口をタオルで包み、その上からぬるま湯を気長にかけてください。直接、熱湯をかけると破裂することがありますので注意してください。
    メーターボックス内の水道管の場合は、メーターの両側にある水道管をタオルで包み、その上からぬるま湯を気長にかけてください。その場合、メーターには絶対にお湯をかけないでください。
    メーターが破損したら弁償していただくことになりますので注意してください。
    それでも水が出ない時には、池田町指定給水装置工事事業者に依頼してください。

    水道管が破裂したときは

    メーターボックス内の止水栓を閉めて、破裂した部分に布かテープを巻いて応急処置をし、池田町指定給水装置工事事業者に修理の依頼をしてください。
    気温が上がり、水道管の凍結が解消されたときほど注意してください。